次なる表年までの辛抱

2012年05月18日

今年の春によく食べたもの。
1つは山菜です。

春の訪れが遅かったこともあり、「いつもより長く楽しめる」と聞きました。

写真は「コゴミ」
正式な調理法を知らなくて、自己流で味付けしました。

プロだし(金沢屋の人気商品)を少々たらし、
香りの良いオリーブオイルと、あら挽きコショウ岩塩少し。
黒すりごまを適当に・・・。
偶然にも、白ワインに合うテイストになりました♪

もう1つ、よく食べたというか、食べ過ぎたのがタケノコです。
今年は表年でしたよね。

表年に必ず伺うのが、金沢市別所の宮川さんです。
ここは、無農薬のタケノコを薪で炊き上げでいます。

別所地区は金沢のタケノコ産地として有名。
時期になると、各タケノコ農家がタケノコ料理をふるまいます。
「農家レストラン」が、はるか昔から続いているのです。

残念ながら、宮川さんのタケノコフルコースは去年で終了。
今年から、同じ敷地にあるお蕎麦やさんで、
いくつかのタケノコ料理を出すスタイルとなりました。

もちろん、あのおいしさは変わりません。

お蕎麦も食べて、恒例の蕎麦プリンも完食。
毎回思いますが、「別腹」を実感できる秀逸なデザートです。

実は、宮川さんには取材でずいぶん前からお世話になっています。
キャラクターがタケノコに似ていると思うのは、私だけでしょうか。
アイディアが続々出てきて、前向きなところ…。
(お蕎麦やさんも脱サラして始めたんですよー)

「また新しいこと挑戦するから!」と、今回も目を輝かせていました。

そうそう、宮川家のタケノコの調理法を今年初めて習いました。
立派なタケノコでさっそく実践。

「これ、本当に私がつくったの?」

びっくりするほど、上手にできました。
おいしくて、写真を撮るのも忘れて食べてしまいました。

で、数日後、
今度は金沢の別の名産地の朝採れタケノコをいただいた私。
今度こそ、バッチリ写真におさめようと、必死にタケノコ煮をつくりました。

「あら、前より上手になってるかも♪」

写真を撮ろうと盛り付けしたことを忘れ、ひたすら食べてしまいました。
金子作のタケノコ煮画像、次なる表年までお待ちくださいませ。