21美の注目展覧会をリポート・・・8月7日OA予定

2012年08月03日

久しぶりに「かるナビ!」の放送告知です。
金沢21世紀美術館で開催中の「工芸未来派」、もう行きました?

4月のプレスガイダンスから、いつも以上の熱気でした。
それは、館長自らが企画立案するという、珍しい展覧会だったからでしょう。


(金沢21世紀美術館「工芸未来派」より)

印象に残っている館長の言葉。

「この展覧会が失敗したら、
21世紀美術館に今後、伝統工芸を展示することはないだろう」

会場には、伝統工芸から現代工芸まで、様々な作品が並びます。
実は、これが今回の展覧会のポイント。
今まで異なると思っていた(少なくとも私は)ものが、同じステージに上がっているのです。

平たく言えば、伝統工芸界にも、現代美術界にも、革命的な企画。
様々な美術業界の関係者がすでに足を運んでいるとか。


(金沢21世紀美術館「工芸未来派」より)

工芸が根ざした石川から、世界に発信するユニーク展。
果たして、成功か、失敗か。
答えは、連日の盛況ぶりが物語っています。

秋元館長の視点は、多くの人に共鳴しているのではないでしょうか。

ちなみに、私が何度も足を運んで、感じたことがあります。
「地元の人に見てほしい。地元の人が見るべき」。

その意味を感じてもらう番組構成にしてみようと思います。

■ 放送予定 ■

8月7日(火)夕方4時50分 
HABスーパーJチャンネル内
 かるナビ!「工芸の未来へ」

 (5時36分からのローカルニュース枠でOA)


※すべての写真は、金沢21世紀美術館の許可を得て撮影・掲載しています