初心に返る春

2013年04月09日

春もバタバタ中。
告知やお礼をうっかり書き忘れていました。

3月31日(日)にBS朝日で全国放送したドキュメンタリー「命のバンザイ」。
再放送でしたが多くの方が見てくださいました。
ナレーションに耳を傾けてくださり、ありがとうございました。

4月8日(月)のJチャンに「やじうまテレビ!」気象予報士・依田さんが出演。
金沢城石川門前から生中継リポートしてくださいました。
以前にHABの夕方ニュースで天気解説をしてくださって以来の再会です。
アドリブ満載で、我々も楽しいひとときでした。

事前告知、ちゃんとしなくちゃですね。

桜

ちなみに写真は、週末の「かけこみ花見」にて。
春の嵐が訪れる直前の土曜の昼ごろの桜です。

でも、嵐にも負けず、
月曜日の桜中継は素晴らしいものとなりました。

桜のせいでしょうか、「新年度」という制度のせいでしょうか。
日本の春は、何でも新鮮に感じます。
新しいことを始めようとしたり、
続けていることでも初心に返ろうとしたり。

私の春はというと…。
1冊の和食本に心を揺さぶられています。

和食

面倒くさがりの私が、ちょっと参考にして作ってみました。
簡単なものだけですけどね。

いや、簡単なものほど、違いがわかるのかもしれません。
いつものおひたしが、レベルアップ。
調子に乗って、肉じゃがも…。

肉じゃが

食べて気づいたのは、「基本」の大切さです。
料理の作業には1つひとつ基本があり、
知っているか知らないかで、結果的に大きな違いが出る。
当たり前のことですが、やけに身に染みました。

そして、和食本がアナウンス教本に見えました。
私たちアナウンサーも、基本がとても大事。
1音を出すことから始まり、単語にして、文章になるまで、
発音発声の基本があるんです。

新人研修で、もっとも難しく、もっとも怖かった「基本」。
よく考えてみると、今もそれは同じかもしれません。
日々のニュースで、1音の発音発声に泣き笑いしている自分がいます。
初心に返るとは、このことです。

ちょっとしたことが、何かのきっかけになる…。
春の面白さですね。