石川のスゴイ人

2013年05月15日

地元出身のスーパースターといえば、
先日、国民栄誉賞を受賞した松井秀喜さんですよね。

国民栄誉賞とまでいかずとも、
石川県出身のスゴイ人って、たくさんいます。

最近では、
Perfumeやきゃりーぱみゅぱみゅのプロデユースで知られる、
中田ヤスタカさん。
ちなみに、Jチャンのテーマ曲は中田さん作曲ですよ!音楽

松林図屏風に挑む長谷川等伯

では、この絵を描いた方を、ご存知でしょうか。

白山市在住の挿絵画家、西のぼるさんです。
やさしい色彩と線。
多くの読者、そして小説家を魅了してやみません。
名だたる直木賞作家の小説に挿絵を提供してきました。

西のぼるさんも、地元が生んだスゴイ人の1人だと思います。

それでは、その西さんが描いた人物。
誰の後ろ姿でしょうか。

西のぼるさん

安土桃山時代を代表する絵師、長谷川等伯です。
石川県出身で、京都に出て「天下一」と称されたスゴイ人。

国宝「松林図屏風」の作者といえは、わかりやすいかもしれません。
以前に故郷七尾に作品が展示されたときは、感銘を受けました。

等伯の作品は有名ですが、実は多くのことが謎と言われます。
顔もわかっていません。

等伯の挿絵

緻密な取材をもとに見事に人生を描いたのが、
直木賞受賞した安部龍太郎さんの小説「等伯」です。
等伯の研究者さえも、本当にそうだったのではないかと思わせる、
能登の男の描き方は一読すべき作品です。

新聞連載の挿絵を担当したのが西のぼるさん。
連載時は小説とともに挿絵も高い評価を得ていました。

挿絵の世界、のぞいてみませんか。
西さんの特集を放送します。
ナレーションや朗読など担当します。


◆放送予定◆
17日(金)午後6時15分放送

挿絵画家・西のぼるの世界
…能登の絵師 等伯に迫る・・・