金沢の人気和食店はココ!

2014年03月20日

3月15日に放送した「土曜はドキドキ」。
"かなざ和"再発見シリーズの「金沢和食特集」、いかがでしたか。

今回は超がつく人気店3つにしぼり、
企画・取材・編集までみっちりと時間をかけました。
金沢が誇る料理人たちの、ほとばしる情熱が伝われば幸いです。

ロケ裏話も含め、ブログで紹介します。
店舗情報は、番組HPに掲載中。

では放送順に…。

【酒と人情料理 いたる】

営業開始の午後5時を過ぎると、
またたく間に席が埋まっていく人気ぶりです。
ロケの日も平日にも関わらず、6時過ぎには、ほぼ満席でした。

いたる

ここの刺し身はとにかくおいしい。
番組では、10kg超の寒ブリを目の前でさばいてくれました。
ちなみに、桶に刺身を盛るスタイルは、いたる発祥とも言われているとか。
23年ほど前にマスター石黒格さんが、大阪の道具屋筋で桶をながめて思いついたそうです。

いたる

私が長年感心していたのが、「刺し身のツマ」。
繁盛店にも関わらず、すべて包丁でかつらむきしているんです。
夜9時過ぎになると、カウンターの中の若い衆が黙々と向き始めます。
長年気になっていた「珍百景」を今回、オンエアで紹介することができました!

番組facebookに動画あり)

「明太だし巻き」「甘海老パリのっけ」「げんげんぼう柳川」「にゃんこめし」など、
どれも"発明レベル"のおいしさ。
ジェニーもすっかりテンションが上がり、アドリブ絶好調でした。


【手打ちそば 更科藤井】

いたる本店のすぐ近くにある、そばの名店です。
東京麻布(テレビ朝日の近く)「更科堀井」で修業した藤井誠さん。
実は私、更科藤井のおいしさを追究したくなり、
東京の堀井まで食べに行ったこともあるんです♪

天ぬき

メニューにのっていない定番「天ぬき」を紹介しました。
金沢ではなじみがありませんが、そば屋でお酒を飲む江戸前の流儀。
天ぷらそばの"そばぬき"版です。
要は、「酒のつまみ」ですね。一見さんでも注文可!
ほかの一品メニューの充実度も、うなりますよ。

藤井

藤井のそばは、どれも美しく、おいしいです。
更科そばに旬の食材を練りこんだ変わりそばは名物。
高い技術とセンスを伺える、風味です。
写真のそばは、良く見ると薄黄色の粒が入っています。

藤井 藤井

上品な白い更科そばに、すりおろした日向夏を練りこんだそばでした。
まもなく、桜の葉のそばに変わると思います。

居酒屋も、そばも、日本の食文化。
「金沢の食材は世界でも超一流」と語った藤井さんの言葉は印象的でした。

もう1軒の「よこ山」は、次回ブログで。ウインク