ハイレベルな鶴来の和菓子

2014年07月21日

今回のブログは「土曜はドキドキ」の、
シリーズ「おしゃべり探訪」で反響のあった、
鶴来の和菓子について書きますね。

小さな店【越原甘清堂】。
ツウが好む和菓子があると聞き、訪ねました。
それがこれ、「泰澄餅」(たいちょうもち)です。

パウダーがかかった羽二重の餅。
結構大きいです。
表面に楊枝を当てるとポニョポニョとした柔らかい弾力。
食べると、香ばしいパウダーが効いていて、美味!
見た目はとても地味なのですが、味と食感はかなりエレガントでした。

香ばしいのは地元の麦を煎った粉。
お餅の中にも忍ばせています。

泰澄餅

越原さんのお店は、創業100年足らずで鶴来の中では若い店。
地元の食材を使った、長年愛される銘菓を作りたいと3代が考案しました。
白山を開山したとされる泰澄大師の名にあやかっています。

このお菓子を生み出すきっかけになったお菓子があります。
その名も「わさび餅」。
「わらび餅」と間違えて買っていく人がいるそうですが…。
ワ・サ・ビです!

初代が考案した和菓子は、ワサビの粉を練りこんだ羽二重の餅。
一口食べると、静かにワザビの香りが立ち上ってきます。
非常に面白い印象です。
これを100年近く前に考え出した初代、
おそらく遊び心のある職人さんだったのではと想像します。

泰澄餅

現在は4代が中心になって、和菓子作りをしています。
4代は、手先が器用な若い職人らしいお菓子を次々に考案してるところ。

見た目ちょっと洋菓子風な「チョコまん」は、食べると予想外の上品な出来栄え。
ココアをきかせた薄い皮の中に、白餡(てぼ餡かな?)がたっぷり。
渋皮付きの栗にして大人の味わいとしてまとまっていました。

泰澄餅

初代、3代、4代のお菓子を楽しめる店。
歴史があるからこそ、ですよね。
小さなエリアに約10軒の和菓子店があるという鶴来地区。
こんなおいしい和菓子の店がたくさんあるのは、それだけ需要があるからなのでしょう。

で、もう1軒。紹介したい店があります。
和菓子店ではありませんが、おいしいお菓子があります。
越原さんちのお隣、【バキサ用品店】です。

バキサ用品店

もとは衣料品店と洗剤販売の店。
女性店主が趣味でつくっていた「草もち」が絶品と評判になり、商品化しました。
「ほんぐさ」と呼ばれる、奥山に育つ貴重なヨモギを使っています。
このため、大量に入れても苦味がなく、本当に濃厚な草もちです。

あんこが入っていないのでヘルシー。
奥能登の塩が入っていて、とにかくヨモギを楽しむおもちなんだとか。
伸び具合も、すさまじいものがありました。

バキサ用品店

黒ゴマやナッツを麦芽糖水あめで固めた「ごまおこし」も手作り。
子どもが小さかったころに、自然なお菓子を食べさせたいと作り始めたそうです。
草もちも、ごまおこしも、放送後にたくさん注文が入ったとのこと。

あくまでも「洋品店」なので、注文してから買いに行ってください。
地方発送もしています。
地域によっては、お餅をつくったその日に届きますよ。
詳しくは番組HPをご覧ください。

次回は、鶴来の恐るべし「地下の魅力」に迫ります。