「ゆるい海老蔵さん」とパン

2014年09月30日

「土曜はドキドキ」で放送した、おしゃべり探訪シリーズの珠洲市。
放送から1カ月経った今も、紹介したお店では反響が続いているそうです。
訪れてくださった皆様、ありがとうございます。

テレビ初登場のお店もいくつかありましたが、人気店も紹介しました。
その1つが、古川商店です。
お取り寄せで全国からも注文が入る、こだわりパンの店。
現在は、仮設店舗だった場所が、本店舗になっています。

店先には、パン製造の歴史を感じる古い道具が雑然と置かれています。
いくらかお金を置いていけば、好きなものを持っていくことができます。
雑貨・家具好きなスタッフは、2つほど買い込んでいました。

古川商店

とっても有名な店ではありますが、
番組を見て多くの人が「え?そうだったの?」と驚いたことがあるようです。

それはご主人、古川一郎さんのキャラクターです!
ちょっと市川海老蔵似のご主人。
「以前はにらみのきいた海老蔵似だったが、今はゆるい海老蔵」と、奥様。

その、ゆるい海老蔵さんの案内で、
「古川商店のパン持ち込みOK」のカフェで食べることになりまして。
VTRの後半は、ほぼ2人旅でロケしていました。

途中でお気に入りの和菓子店に飛び込んでみたり、
一緒にグルメリポートしてみたり。
奥様いわく、
「こだわり派の職人気質として知られていた夫のありのままの姿が、
"テレビ初公開となった記念すべき番組です」。
ナルホド…。

古川商店

忘れないうちに、パンもご紹介。

「冷やしクリームパン」は超人気ですが、能登大納言を買うのが遠方からの人。
地元の人に人気なのは「いちごのホイップクリーム」です。
これ、大正解!
もちろん、能登のイチゴを使っています。
イチゴ色はしていないけど、絶妙なバランスでイチゴの味がホイップの中に広がるんです。

古川商店

そして、ご主人、一郎さんのイチオシのメロンパン。
ココナツが表面に隠し味で入っています。
普通のでは面白くない、ちょっと面白いなあというところをねらったんだとか。

隠し味を簡単に言ってしまう、ゆるい海老蔵さんなのです。
古川商店のパン持ち込みOKのカフェも、実はテレビ初登場。
これまで取材は一切お断りの、こだわりの店でした。

次回は、「自家焙煎珈琲 鈴々堂」について、ゆるーく書きますね。