ヒツジ年だけどウサギ♪

2015年01月22日

ウサギと至近距離でふれあってきました。
モフモフ。

大久野島

なかなか可愛いですよね。
ここは、「うさぎ島」と最近呼ばれているらしい、広島県の「大久野島」。

現在は無人島で、島全体が国民休暇村となっています。
以前は、大学生のスポーツの合宿などが多かったように思いますが、現在は観光客が主。
広島県の忠海と愛媛県大三島の盛港を結ぶフェリーに乗って、上陸できます。

大久野島

その昔は、この航路をうちの船が通っていたそうです。
もしかしたら、私もアナウンサーでなく、船長になっていたかも???
穏やかな海の上で、ふと思いました。

大久野島

さて、大久野島が大人気と聞いて、数年ぶりに訪れたわけですが…。

大久野島

ウサギの数が増えている!
以前は、会えたらいいな、という程度でしたが…。

どこを見てもウサギ!
一応「野生」ということで、木の下に穴をほってねぐらにしているようです。
大久野島

少し歩いていくと、ウサギがぐっと減ります。
そして、山の方から機敏にかけよってくる、野生感あふれるウサギに出会えます。

こんな写真が撮れました!

大久野島

数百匹のウサギが暮らす、のどかな島。

ウサギにいざなわれるように茂みの中をのぞくと、ロープの向こうに廃墟がありました。
この島が持つ、もう1つの顔。
戦時中に毒ガスを作っていた施設が廃墟となり、幾つも残っているのです。

地図から消されていた時代もあった、忘れられた島。
おだやかな瀬戸内の海にも、戦後70年の歴史が今も漂っています。

以上、年に1度のしまなみブログでした。