岡さんぽ しょうゆ蔵の陶芸工房

2016年06月26日

岡さん「今回は、どこ行くんですか?」

金子「大野町です。しょうゆ蔵がたくさんあります」

岡さん「行ってみたかったんです〜」

金沢に数えきれないほど足を運んでくださっている、ミュージカル俳優の岡幸二郎さん。
"大野町"というスポットをご存知なのはさすがです。

でも、今回は「しょうゆ蔵」めぐりではなく、"元しょうゆ蔵めぐり"。
しょうゆ蔵だった建物が、様々な形で活用されているんです。

たとえばこちら、「たくまポタリー」は陶芸の工房。

たくまポタリー

外観は、またしても通り過ぎてしまいそうな建物です。
一歩中に入ると、オシャレなギャラリーのように器が並んでいました。

たくまポタリー

そして広い!

三重県出身で全国各地で陶芸を学び、石川県に移り住んだ女性作家さんでした。
大野のしょうゆ蔵をそのまま工房にして、住まいも大野町とのこと。

金沢は新幹線効果で中心地のにぎわいは相当なものです。
が、ここ大野は、まだ静かな金沢が残っていて、ゆっくりとした時間が流れています。

かすかに発酵の香りが残る蔵の中で生まれる器たち。
本当に素敵です。

放送では紹介しなかったのですが、岡さんが興味を持ったのが…

たくまポタリー

2階?部分です。

高いところが苦手な岡さんですが、上がどうしても気になってはしごを登りました。

たくまポタリー

岡さん「ええっ???」

宅間さん「はい、そこ最高でしょ」

作品作りの合い間にくつろぐ、秘密基地のような場所だとか。
椅子やハンモックがあり、DVDを映し出すプロジェクターも。

カメラが回っていても、回っていなくても、岡さんはいつも自然体。
気になるものは、自分の目で確かめます。

あと、岡さんはしょうゆ蔵の音の響きを気に入っていました。
たまに、酒蔵コンサートを開くことがあるそうです。
いつか、大野町のしょうゆ蔵に、岡さんの歌声が響くといいな〜。

(岡さんぽ 続く)