岡さんぽ 町家のパン

2016年06月26日

風情のある大きな町家。
しょうゆの蔵元だった家です。
現在は、手作りパンの店。

金沢市大野町の、住宅地の中にひっそりとある「ヒコサ」。
岡幸二郎さんは、その扉を開け衝撃を受けていました。

ヒコサ

土間とお座敷。
畳上に、パンが少し並んでいました。
京都の老舗和菓子店のような作りです。

天井を見上げると、びっくりする高さ。
本当に立派な家なんです。

ヒコサ

ヒコサのパンは、ここにお住いの女性が一人でこしらえています。
余るほどたくさん作るのではなく、売れる分だけ焼くというスタイル。
電話で予約してから行くのがオススメです。

もともと、子育てをしながら趣味で習っていたパンつくり。
といっても、趣味の域を超える専門知識を学んでいます。

岡さんはピザパンがお気に入りでした。
一見、普通のパンなのですが、食べてみると、どこにもない味わい。

ヒコサ

私はガトーショコラに衝撃。
しっかりした生地なのに、かむ必要がなくとけていきます。
濃厚でありながら、ふんわりと軽い食感。
チョコの風味の広がりが細かく、大変上品です。

聞けば、カルピスバター、クーベルチュールチョコ、ヴァンホーテンココアなど、
厳選素材を使っているとのことでした。
"おばあちゃんのガトーショコラ"に一目ぼれ。

岡さんも私も、たくさん買い込んで帰りました。

しょうゆ蔵が有名な大野町だけど、それ以外の見所が実はたくさんあります。
レトロでアートでグルメな小さな町。
週末のお散歩にぴったりですよ。

以上、岡さんぽブログ版でした。