刺繍日記

2016年08月30日

先日、「鳥の目 虫の目 金子の目」企画で、
大変かわいらしいアートをご紹介しました。

我が子の「お食い初め」を描いた育児日記の1ページ。

刺繍日記

実は、赤いラインは糸なんです。
刺繍で描いた育児日記です。

金沢市在住のアート作家、門田枝美子(もんでん・えみこ)さんが綴っています。
毎日の育児は、大小の感動や、喜怒哀楽の連続。
門田さんは、日々の"ちょっとした想い"を、一針一針にこめて記録しているのです。

刺繍日記20160830-2ura

上の写真は1つが表から見た日記。
息子さんがダンゴムシを集めている様子です。

もう1つは、裏から見たところ。
糸で縫った刺繍だというのが、よくわかります。

さらには、布ではなくて「紙」に塗っているのも面白いところ。

私が感じたのは、「ママの目、子どもの目、アートの目」です。
下絵なしでいきなりブスッと紙に針を刺して縫い始め門田さん。
何もないところに、チクチクすること1時間。

何気ない生活の風景が、見事にアートになります。
心情までとらえたデッサン力に、間近で見て圧倒されました。

刺繍日記

私たちが取材にお邪魔した翌日の刺繍日記。

HABのカメラが縫いこまれていました。
日記の裏側には、暖かい言葉がつづられていました。

門田さんの作品は、
金沢21世紀美術館で開催中の展覧会「ぬう」の関連企画として展示されています。

日記なので、毎日「展示替え」に行っていますよ。

刺繍日記

8月12日の放送告知も、門田さんの刺繍で。

展覧会はあと少し。
ぜひ21世紀美術館に見に行ってください。
無料スペースのライブラリー沿いに展示されています。
これまでの作品はライブラリーの中にあります。

2人の子どもがすくすくと成長する様子を
刺繍日記の中で楽しめます。