甲子園のキラキラ★

2010年08月16日

最後の夏が過ぎ去ってゆくのを間近で感じることができるのは、

この職業になって良かったと感じる瞬間かもしれない。

 

20100814133217

8月14日土曜日(甲子園球場)

 

頬をつたう涙がとめどなく溢れた―

球児らが甲子園の土をかき集めていた。

 

 

関東一高との試合、

遊学館にとっては、

出鼻をくじかれる形で試合が展開された。

初回から点をとられ、

7点差、11点差と間を広げられながらも

「負ける」「あきらめる」という気持ちを吹き飛ばすように

声を張り上げる応援団。

 

自分がベンチに入れなくても

自分がレギュラーになれなくても

 

「 そんなことは関係ない。 」

 

ピッチャーは一人で投げる訳ではなく

キャッチャーと支え合い、

守備についている仲間と絆で繋がっている。

 

離れているように見える応援団は

一緒にマウンドに立ち、

一緒にバットを振り、

一緒に声を張り上げる。

 

点差が離れていく中で、

応援団の気持ちは途切れず、

「こっから巻き返すぞー!!」「おーっ!!」

「まだまだ、終わってないぞー!!」「これからだー!!」といった

あきらめない、真っ直ぐな言葉がアルプス席を包み込む。

 

こうだから、勝ち抜けたんだ―。

 

一人じゃ生まれてくることができないように

一人じゃ生きていけないように

 

みんなで勝ち取った石川大会での優勝。

 

 

2回戦で負けてしまったのは、残念だったけれど

優勝トロフィーよりも

賞賛の言葉よりも

もっとキラキラしたものが

みんなの中に

瞳の中に

光っているのを見た甲子園の夏でした。

 

 

遊学館高校の野球部さん、マネージャーさん、生徒さん、先生たち。

石川大会で精一杯がんばったみなさん。

 

感動させてくれて

本当にありがとうございました!!

 

みなさまのおかげで私にとっても

心の中にもキラキラしたものが残った夏でした★