かわいいお手紙の返信☆★長いですが・・・

2011年01月21日

以前、中学生の女の子から、お手紙をいただきました☆

ブログでお返事させていただきます。

 

まず、最初に

「返事が来ない・・・。」と残念な思いをさせていたかもしれません。

遅くなって、ごめんなさい。

 

 

私は、まだまだ未熟者で

一人前のアナウンサーではありませんが

頂いた質問に出来る限り答えたいと思います。

 

 

まず、最初の質問★

Q、仕事をしていた楽しかったことは?

たくさんあります!

・ 別の仕事をしていたら会えない人、行けない場所にいける事

・ 人の温かさや厳しさ、強さを感じることが出来る事

・ 毎日が全く違う事

貴重な経験ができるだけではなく、

スタッフさんや先輩たちに囲まれて、

日々叱られ、

馬鹿にされていますが、

私の周りに悪い人(?)はいません。

ラッキーなことに、根は良い人ばかりです★

 

 

2番目☆

アナウンサー試験の時に心がけていたことは?

『 あきらめない 』

この一言に尽きます。

え?そんな簡単な事?と思われるかもしれませんが、

そうです。そんな簡単な事なんです。

でも、それが一番難しいことでもあるんです。

 

 

 

何十社と落ちる日々、

東京、大阪、東京、大阪、名古屋へと

試験を受けるために通い続けました。

(全国各地、巡りました。沖縄にも何度か・・・)

 

私は、卒業論文を提出する直前で内定をもらったので

それまで、父は心配していました。

「 本当に一般企業は受けないのか? いいのか? 」と

それを言われても、

「うん、大丈夫!」と

 

何の根拠もない、何の確証もない、

ふわふわと風に揺れる風船のような状態なのに

心のどこかで「大丈夫」と思っていたのです。

いや、本当に ・ ・ ・ ☆

 

『 あきらめなければ、いつかは辿り着ける ―― 。』

 

我ながら「やっぱり、馬鹿なのかなぁ〜」と思いつつ、

ひたすら試験を受けていました。

 

 

ただ、不思議な事に

母は、「大丈夫!琴江ならなれるっ!」って

試験に向かう私をいつも送り出してくれました。

 

私のこの性格は、紛れもなく母親ゆずり ・ ・ ・ 。

 

心配性な父と楽観的な母、

顔はお父さん似でも、性格は完全にお母さん似。

 

だから、就職活動を続けることが出来たんだと思います。

 

 

この不況で就職活動に苦戦している人も多いと思います。

不景気で採用人数が減った・・・

エントリーシートが通らない・・・と落ち込んでいる人もいるでしょう。

 

壁にぶち当たっている人がいるなら

考え方を変えてみてはいかがでしょうか?

 

採用人数は減ったけれど0(ゼロ)ではないのでは?

エントリーシートが通らないけれど、

全員がエントリーシートで

落とされているわけじゃないのでは?

 

そうやって、物事を明るく受け止めてみては

いかがでしょうか?

 

 

どこかで・・・

成功者には共通点がなく

「上手くいかない人には共通点」があると

聞いたことがあります。

それはあなたにとって何なんでしょうか?

 

 

物心ついた時から

「不況」 「景気の低迷」 「不景気」 という言葉しか

聞いていない世代。

不景気だろうとなかろうと、

もう気にしちゃいけないと私は思っています。

 

気にすればするほど、前向きにはなれません。

*備えるという気持ち、緊張感を持つためならいいと思います。)

 

 

この時代、会社に一人ぐらいは

何事も楽観的に考えるポジティブ人間(?)がいたほうが

楽しいと思いませんか?

 

と正直にブログに書いたら上司から

「少しは考えろ!」と注意されそうですが ・ ・ ・ (汗)

 

 

止まない雨はないように

いつかは虹がかかり

 

いつかは春が訪れ

さくらが咲くように

 

嫌なことがあっても

あきらめずがんばって下さい。

一人でも多くの方が

自分の夢を叶えることができるように祈っています☆

 

お手紙には、ハートのシールがたくさん貼られていて

とっても可愛いかったです♪

お手紙を出してくれて

ありがとうございます。

 

 

素敵なアナウンサーになるという夢☆

叶えるためにがんばってください!!

 

遠くからですが、応援しています★

 

 

私も素敵なアナウンサーになるという夢を叶える途中です。

一緒にがんばりましょう☆★☆