HAB 北陸朝日放送

テレビは5chHAB(北陸朝日放送)

LINEで送る

RSS

下田武史の初球から送りバント

かぶら寿し!

2016年11月24日

先週「2時はどきどき5ch」の中継で、金沢市の漬物店・四十萬谷本舗さんにお邪魔しました。

内容は、かぶら寿しの漬け込み体験!

K0120226

 

漬けてから1週間ほどで完成するということで、番組内で漬けるところまでいった樽をいただき、自宅で寝かせて完成を待つことにしました。

冷暗所で寝かせる…か。賃貸の下田家に当然蔵はないし、えーと…、家の中で、涼しいのはここかな。

日が当たらなくて比較的涼しい洋間に黙って置いておいたら、翌朝、妻から猛烈抗議を受けた末に、消臭スプレーまで浴びせられ撤退。。。

仕方なく、カラスの来襲に怯えつつも、ベランダの日陰に置くことに。

しかし、この日から暖かい日が続いたため、どうも発酵が早く進みそうな気配…

置いておく期間は
「温度がひとケタの場合は2週間程度」
「20℃弱の場合は5日から1週間」

ということで、漬け込みから5日目に開けてみました。

K0120225

お、良い感じ。
その日の晩の食卓にあげることにしました。

K0120224

いただきまーす。

パクパク、コリコリ…
おぉぉ、美味しい!

若干酸味が強くて、思っていたより発酵が進んでいた感はありますが、カブの食感と麹の甘さとブリの旨味がたまらない。

金沢に来て初めて食べたものですが、すっかりかぶら寿しのファンになりました!

北陸新幹線の敦賀以西について

2016年11月19日

このところ、北陸新幹線の敦賀から先(敦賀以西)のルートについての議論が活発になっています。

K0120223

①米原ルート

②小浜―京都ルート

③舞鶴―京都ルート

 

私も県議会に加え街頭調査などでの取材を重ねてきましたが、いろいろな意見があって、聞けば聞くほど難しい問題です。

K0120222

まず③舞鶴―京都ルートについては、街頭調査では観光客を中心に人気があったものの、これまでの議論の経過では、速達性や費用対効果などの面で、かなり可能性は低くなっています。

 

では①米原ルートはどうなのか。

「中部圏」として考えた時に、名古屋までのルートを考えると米原案は非常に有力です。工期も短く、事業費も格段に安い。石川県議会でもこの米原案を推しています。街頭調査でも名古屋出張の多いビジネスマンや東海圏からの観光客を中心に、米原案を支持する声は多く聞かれました。

 

その一方、②小浜―京都ルートは、当初の整備計画に準じるもので、長い工期や高額な事業費を考えても、新大阪までの速達性などから、現時点でこの案が最も有力だともいわれています。関係者からは「米原案では北陸新幹線を運行するJR西日本と、東海道新幹線を運行するJR東海でシステムが違うため、米原で接続するにはシステム改修に巨額の費用が必要で、現実的ではない」という事情も聞きました。

 

どの案が採用されるにしても、議論が活発になるのは良いことで、ルートが決まらないことには、着工も開業もどんどん遅れていきます。取材を通じて、今後も議論の行方を見守っていきたいと思います。

 

…ちなみに、「見守って…」という言葉は言いづらいので、自分が読む原稿には使わずに他の言葉で言い換えますが、恩田アナが読む原稿には積極的に「見守って」爆弾を仕掛けることにしています(笑)

下田武史

HABアナウンサー

下田武史

しもだたけし

誕生日:2月10日
出身地:東京都葛飾区
出身大学:江戸川大学
担当番組:「2時はどきどき5ch」リポーター「高校野球中継」など
趣味:野球・バドミントン
特技:送りバント(三塁線にきっちり転がします)柔道弐段(切れ味抜群の鮮やかな受け身が持ち味)

ブログトップへ

過去の日記