HAB 北陸朝日放送

テレビは5chHAB(北陸朝日放送)

LINEで送る

RSS

下田武史の初球から送りバント

SNS

2017年5月18日

北陸新幹線開業以降、観光客であふれる金沢ですが、観光客のニーズを最もとらえたと言ってもいい商品がこれではないでしょうか。

K0120288

金箔ソフトです。

 

観光客がこぞってSNSで発信していて、爆発的に売れているようです。確かにこれは見た目のインパクトがありますよねー。インパクトがあって、数百円という手が出ちゃう金額。

例えば、ここに300円のソフトクリームがあります。500円の金箔が1枚あります。…と別々に売っていたらここまで売れていないでしょうけど、一体化していることで売れちゃうんです。冷静に考えればソフトクリームに1000円近く出すなんて考えられませんが、旅先だし、インパクトあるし、写真撮って自慢したいし…という心理をついた、SNS時代に見事にマッチしたヒット商品といえるでしょう。私も、このブログに書きたくてついつい買ってしまいました。

 

しかし、これだけの観光客が金沢に来ているわけです。HABもSNSで世界に拡散されるような何かができないかな。

keitai_jidori_selfy

新幹線で金沢駅に着いて、兼六園を見て金沢城公園を見て、ひがし茶屋街で金箔ソフト写真をSNS投稿し、近江町市場で海鮮丼写真をSNS投稿してから食べ、松島のHABで●●画像をSNS投稿してからホテルに向かい…という流れを作れるぐらいの「●●」に当てはまるような何かをできないものかと、勝手に思案中。

 

私は以前、東北のテレビ局で働いていましたが、「東北のテレビ局で働いている」という話をすると、東北以外の人からは必ずと言っていいほど「めんこいテレビ?」と聞かれました。違うのに!みんな岩手めんこいテレビの番組を見たことなくても、社名は知っているのです。

当時の時代に「岩手めんこいテレビ」という社名を考えた人は、とてつもなく会社の知名度のアップをもたらしましたよ。知名度アップはモチベーションにつながります。この社名は社員のモチベーションアップにかなり貢献したと思います。

 

時代は流れ、SNS時代の現代。国内外から「何かを発信したがっている観光客」が押し寄せている今の金沢で、ニーズに合うインパクトある見た目のものを作れたら、国内にとどまらず世界に名前を拡散できるわけです。これを逃す手はありません。

sns_happy

思わず写真に撮って発信したくなるようなインパクトのあるものを形にできれば、きっと世界中で「ジャパンといえば、スシ!テンプラ!ホクリクアサヒホウソウ!」と言われるようになるわけです。

 

当社で放送しているもので、世界的知名度があるといえばドラえもん。金沢らしさを加えて、武士ドラえもん像を設置…うーん弱いなあ。

では金箔ドラえもん…いや

いっそのこと社屋を丸ごと金箔で覆ってみますか。←破たんするだろ!

下田武史

HABアナウンサー

下田武史

しもだたけし

誕生日:2月10日
出身地:東京都葛飾区
出身大学:江戸川大学
担当番組:「HABスーパーJチャンネル」キャスター
「高校野球中継」など
趣味:野球・バドミントン
特技:送りバント(三塁線にきっちり転がします)柔道弐段(切れ味抜群の鮮やかな受け身が持ち味)

ブログトップへ

過去の日記