HAB 北陸朝日放送

テレビは5chHAB(北陸朝日放送)

LINEで送る

RSS

下田武史の初球から送りバント

キャッチコピー

2017年7月31日

高校野球実況では、「打った」「投げた」などの状況描写をするだけでなく、視聴者に対して「選手の特徴を伝える」ということが重要です。
プロ野球と違って、選手1人1人のイメージが定着していないからです。

baseball_homerun_yokoku

例えば『下田選手』とだけ言われても、全くイメージがわきません。投手なのか野手なのか、うまいのか下手なのか。

『1番・下田選手』になると『たぶん足が速いんだろうな』と予想でき、『1番センター下田選手』になると『足が速くて守備範囲が広そう』とイメージがふくらみます。これが『1番ショート下田選手』だと、野球センスが良くて攻守にチームを引っ張る存在だろうなと想像できます。

baseball_batter

野球ファンには学校名・打順・守備位置だけでもそれなりにイメージが伝わりますが『1番センター 50m5秒8の俊足 下田選手』にまで踏み込めると、野球に詳しくなくても伝わるし、より具体的な速さもイメージできるようになります。

baseball_head_sliding

さらに上級テクニックとして、明快な『キャッチコピー』をつけてイメージを固めてしまうというのもあります。
『加賀のイチロー』とか『能登のドクターK』的なものですね。
baseball_strike

ただ、キャッチコピーというのは、スベる危険性もあります。

昔、プロ野球解説者時代の原辰徳さんが、日本ハムの強力打線を『ビッグステーキ打線』と命名して笑顔で言い続けていたのですが、『ビッグバン打線』が定着してしまい、ちょっと恥ずかしい感じになっていました。

job_news_caster_man

数年前には、あるスポーツ紙が巨人のリリーフ陣の3人「スコット」・マシソン、山口「鉄」也、西村健「太朗」の3人を『スコット鉄太朗』と命名したものの、あまり定着した形跡はありません。
baseball_pitcher2

さて…
高校野球石川大会で今年優勝した航空石川には、185センチ97キロの上田優弥君、180センチ86キロの小板慎之助君という2人のホームラン打者がいます。ともにまだ2年生なのですが、入学から1年4ヵ月で上田君はすでに21本、小板君は16本もの本塁打を打ってます。体つきもパワーも本当にすごい2人なんです。

baseball_homerun_yokoku2

テレビを見ている方にぜひとも覚えてもらいたい!明快なキャッチコピーでこのコンビを紹介したい!と思い、チーム関係者に相談した上で、私は実況中継で『航空石川のダブルバズーカ』と連呼して2人を紹介してきました。

K0120350

今のところ若干定着しきっていない感は否めませんが(笑)、くじけずに私はダブルバズーカと言い続けます。言い続けるどころか、甲子園バージョンとして『能登のダブルバズーカ』にちょっと手直ししちゃいます。

K0120350

甲子園で能登のダブルバズーカの連続ホームランが出た日には、大阪の熱闘甲子園の取材班に『石川では能登のダブルバズーカとしてすっかり有名です』ぐらいに猛烈に売り込みますよ!熱闘甲子園が紹介すれば、きっと新聞各紙も追随するにちがいない!甲子園はダブルバズーカ人気で開門前から行列ができ、長島三奈さんは『ダブルバドゥーカ』と言いながら取材に来て、気がつけば朝市でダブルバズーカTシャツが売られてい…←こらこら!

tv_jikkyou_chukei

がんばれ!能登のダブルバズーカ!
期待しているよ能登のダブルバズーカ!

下田武史

HABアナウンサー

下田武史

しもだたけし

誕生日:2月10日
出身地:東京都葛飾区
出身大学:江戸川大学
担当番組:「HABスーパーJチャンネル」キャスター
「高校野球中継」など
趣味:野球・バドミントン
特技:送りバント(三塁線にきっちり転がします)柔道弐段(切れ味抜群の鮮やかな受け身が持ち味)

ブログトップへ

過去の日記