HAB 北陸朝日放送

テレビは5chHAB(北陸朝日放送)

LINEで送る

RSS

下田武史の初球から送りバント

温泉

2017年9月12日

先日、疲れをいやすために温泉に行ってきました。

stand_onsen_man

温泉っていいなぁ。

あー、いい湯だ。幸せだなぁ。

onsen_man

しかし、我が家の子どもたちは温泉に入りたがりません。こんなに気持ちいいのに。

うちの子に限らず、なぜか風呂嫌いな子って多いんですよね。

 

そこでふと考えた。

温泉が気持ちいいという感覚は、幻なのではないだろうか。

 

生理学の講義で勉強したことがありますが、食物を摂取する時に、味覚で「苦い」とか「酸っぱい」と感じるのは、本来は危険なサインなのだそうです。腐ったものを食べて死なないよう、味覚というのは苦いものや酸っぱいものをより分けるための感覚。「からい」に関しては、味覚ですらなく、痛覚で感じているものだそうです。

man3_karai

だから、本能に忠実な行動をとる子どもは、飢餓や塩分不足に備えるために甘味や塩味が好きで、成長とともに大脳新皮質が発達して初めて、苦いものや酸っぱいものがおいしいと感じられるようになるんだとか。要するに本能が拒否しているものを発達した脳が「これはおいしいんだ!」と思い込むことでおいしさを感じているということです。

body_brain_nou

※脳の仕組みは完全には解明されていないので、いろいろな説があります。

 

この仕組みに照らすと、本能に忠実に行動する子どもが嫌がるということは、温泉の気持ち良さも大人の脳が勝手に作り上げたことであって、実は体は気持ち良いとは感じていないのか!? いや、そんなことはない! 熱湯風呂はたしかに江戸っ子爺さんの痩せ我慢という説があるけど、温めの温泉は間違いなく気持ちいいはずだ!そもそも大脳新皮質の働きというのは…

ofuro_nobose

理屈っぽいことを延々と考えていたら、のぼせた…

下田武史

HABアナウンサー

下田武史

しもだたけし

誕生日:2月10日
出身地:東京都葛飾区
出身大学:江戸川大学
担当番組:「HABスーパーJチャンネル」キャスター
「高校野球中継」など
趣味:野球・バドミントン
特技:送りバント(三塁線にきっちり転がします)柔道弐段(切れ味抜群の鮮やかな受け身が持ち味)

ブログトップへ

過去の日記