色づく棚田を散策

2010年09月14日

輪島市の金蔵地区へロケに行ってきました!
金蔵地区は、にほんの里100選に選ばれた
昔ながらの豊かな自然や暮らしが息づく里山です。

金蔵地区で、昔から作られているのが「お米」。
奥能登の山深き棚田で、大切に作られています。


(ガイドさんが用意してくださいました!)

その棚田がいまちょうど色づき、
黄金色に輝く季節をむかえています
その光景が、本当に美しい・・・!
散策しながら、見とれるばかりでした。

(夕日に照らされ、稲穂がまさに金色に輝きます)

また、金蔵地区には、5つのお寺があり、
地元のガイドさんに、興味深いエピソードを秘めた不動明王や、
見るだけで圧巻の歴史ある御堂
市の指定文化財に指定されているタブの木など
見どころを案内していただきました!

そして、お寺にあるオープンカフェで、
おいしいケーキをいただいたりもして、
のんびり、ゆったりできるひとときを過ごしてきました。

金蔵地区、秋の散策におすすめです♪♪♪
今週の金曜Banでその魅力たっぷりとお伝えしますので、
ぜひ、ご覧ください

金曜Ban イマドキ 「秋の輪島を散策 金蔵地区」
9月17日(金)夕方4時50分〜