NEWS

  • TOP
  • NEWS
  • 石川県の大規模接種 対象を39歳まで拡大

石川県の大規模接種 対象を39歳まで拡大

石川県はワクチンの接種を促進するため、大規模接種センターで接種を受けられる対象年齢の上限をこれまでの30歳から39歳に引き上げます。

9日に開かれた県の対策本部会議で、谷本知事は今月12日から、県の大規模接種センターで接種を受けられる対象年齢の上限をこれまでの30歳から39歳に引き上げることを明らかにしました。

予約の受付は10日から始まります。予約枠もこれまでは週7350人でしたが、今月12日から週9600人に拡大し、今月19日からは週1万1200人に拡大します。

また、予約のキャンセルなどで残るワクチンを有効活用するため、空いた枠の接種に協力できる人も10日から募集します。