NEWS

  • TOP
  • NEWS
  • 石川・津幡町で新嘗祭・献穀田の抜穂式

石川・津幡町で新嘗祭・献穀田の抜穂式

米の収穫に感謝する秋の宮中行事、新嘗祭に献上する新米の抜穂式が津幡町で行われました。

毎年11月23日に皇居で執り行われる新嘗祭。石川県では毎年、加賀と能登、2カ所の水田から、それぞれ5合の精米を献上しています。

今年度は津幡町と珠洲市の水田が選ばれました。津幡町にある井上信一さんの水田では抜穂式が行われ、地元の小中学生ら5人が、刈乙女として黄金色に実った稲穂を、手作業で丁寧に抜き取っていきました。

井上さんは11月23日に皇居で行われる、新嘗祭に参列する予定です。