NEWS

  • TOP
  • NEWS
  • クマ出没に備え 石川県が注意を呼び掛け

クマ出没に備え 石川県が注意を呼び掛け

クマの出没に備えて石川県は市や町の担当者を招いて連絡会議を開き、クマの餌となるカキの実などを早めに収穫・除去するよう注意を呼びかけました。

今年度3回目となる連絡会議。県は今年1月から8月までのクマの目撃件数が184件と、去年の同じ時期と比べて31件少なくなり、人身被害も確認されていないと報告しました。
また、県がクマの餌となる木の実を調査した結果、今年はブナが大豊作、ミズナラが豊作、コナラが並作と、去年よりもクマのエサが豊富にあることが分かりました。
その一方で近年、人里近くに住み着くクマが多くなり、カキやクリ、ギンナンの味を覚えたクマが人里に降りてくる可能性があるとして注意を呼びかけました。