NEWS

  • TOP
  • NEWS
  • 衆院選の投票と同日 金沢マラソンの対応は?

衆院選の投票と同日 金沢マラソンの対応は?

今月31日に衆議院選挙の投票日と金沢マラソンの開催日が重なったため、金沢市は、投票所に向かう有権者に配慮し、交通規制が実施される時間帯も21カ所の交差点を横断できるように対応します。

金沢マラソンのコースの近くには、27カ所の投票所があり、周辺の道路はおよそ1時間半から6時間にわたり、車両の通行が制限されます。

金沢市は、当日、投票所に向かう有権者に配慮して、交通規制が実施される時間帯も、兼六園下や鳴和など、21カ所の交差点で、ランナーの状況を見ながら、一時的にランナーを止めて、有権者が横断できるように対応します。

金沢マラソンの開催により金沢市は5万人の有権者が交通規制の影響を受けると推計していて、トラブルを未然に防ぎたい考えです。