NEWS

  • TOP
  • NEWS
  • 食品の販路拡大へ 金沢市で商談会

食品の販路拡大へ 金沢市で商談会

石川県産の商品の展示・商談会が開かれました。コロナ禍で消費の動向が変化する中、県内の事業者は、新たな販路を模索しています。

金沢市で開かれた「食品王国いしかわ百万石マルシェ」。

県内75の食品加工業者と農業者が出展し参加した全国のスーパーや百貨店などおよそ130社のバイヤーと商談を交わしました。

コロナ禍で売り上げが落ち込むなどの影響がある中、事業者側は一つでも多く販路を広げようとアピールしていました。

コロナ禍の影響で、対面での商談が減っているため、参加者は、商品の良さを直接伝えられる貴重な機会になったと話していました。