NEWS

  • TOP
  • NEWS
  • 冬型の気圧配置 石川県内は大荒れの天気に

冬型の気圧配置 石川県内は大荒れの天気に

冬型の気圧配置が強まり、23日の石川県内は不安定な天気となっています。

金沢地方気象台は、24日にかけて高波に警戒し、強風や落雷などにも注意するよう呼び掛けています。

午前9時ごろに撮影した金石港付近の映像です。波が防波堤に打ち付け、波しぶきが上がっていました。

冬型の気圧配置が強まり、朝の最低気温は七尾市で5・4℃、金沢市で7・2℃と今シーズン最低となりました。

また、風も強まり、最大瞬間風速は、羽咋市で25.7メートルとかほく市で22メートルとなっています。24日にかけても寒気が流れ込み、県内は荒れた天気が続く見込みです。

金沢地方気象台は、高波に警戒し、強風や落雷などにも注意するよう呼び掛けています。