NEWS

  • TOP
  • NEWS
  • 大学入学共通テスト 石川県でも5600人が受験

大学入学共通テスト 石川県でも5600人が受験

15日から大学入学共通テストが始まりました。
今年もコロナ禍での試験ということで、感染防止対策が徹底されました。

大学入学共通テストは15日から2日間行われ、石川県内では8つの大学を会場に去年より99人多い5684人が受験する予定です。
このうち最も受験者が多い金沢市の金沢大学では、受験生が足下を気にしながら試験場に向かっていきました。

会場では去年に続きアルコール消毒や換気を徹底するほか、マスクは鼻と口の両方を確実に覆うように呼び掛けられました。

1日目は地理歴史・公民と国語、外国語、英語のリスニングの試験が行われ、午後5時現在、石川県内ではトラブルは起きていません。

16日は理科と数学の試験が行われます。