NEWS

  • TOP
  • NEWS
  • 子どもたちが市場の競りを体験

子どもたちが市場の競りを体験

子どもたちに、地元で取れる魚に親しんでもらおうと、14日、金沢港の市場で、競りの体験会が開かれました。
このイベントは、子どもの頃から魚に興味を持ってもらい、消費拡大を図ろうと、JFいしかわが開きました。この日は8組の親子が参加。参加者は指で競り値を示しながら、タイやアマエビなど3種類ほどの魚介類の入った箱を、決められた予算の中で実際に競り落としていきました。
このあと、料理教室も開かれ、参加者は地元で取れた旬の魚の調理方法を学んでいました。模擬競り体験は、今後も毎月第2土曜日に開かれます。