NEWS

  • TOP
  • NEWS
  • 震度6弱に続き…珠洲市で震度5強の地震

震度6弱に続き…珠洲市で震度5強の地震

19日に震度6弱を観測した珠洲市では、20日も震度5強の地震が発生しました。相次ぐ強い揺れに地元住民たちの警戒は高まっています。

20日午前10時半すぎ、北陸朝日放送が珠洲市内の住宅で取材をしていたときでした。

19日に震度6弱の揺れを観測した珠洲市で、今度は震度5強の揺れが襲いました。そして珠洲市を代表する観光スポット、見附島も再び強い揺れに襲われました。

京都市から珠洲市に観光に訪れた男性は、禄剛埼灯台の付近で揺れを感じたと言います。地震の影響は地割れだけでなく、さまざまな範囲に及びました。

正院小学校と蛸島小学校では漏水などの影響で給食センターで、調理ができなくなり、授業を午前中で打ち切り、午後は休校となりました。

一方、飯田高校は、窓ガラスが割れ、水道管が破損した影響で20日は休校となりました。

最大震度5強を観測した20日の地震により、珠洲市で1人が軽傷を負いました。

また、最大震度6弱を観測した19日の地震でも、珠洲市と能登町で合わせて6人が軽傷を負いました。

午後4時半に撮影した映像です。珠洲市正院町飯塚の住宅で裏山が崩れる被害がありました。

能登半島で頻発する地震。住民たちの警戒は日に日に増しています。