NEWS

  • TOP
  • NEWS
  • 下水処理の役割を学ぶ

下水処理の役割を学ぶ

子どもたちに下水処理の仕組みを学んでもらおうというイベントが、30日、白山市で開かれました。このイベントは下水処理の仕組みを学び、夏休みの自由研究に役立ててもらおうと、浄化センターなどを運営するトスマク・アイが開きました。参加した子どもたちは、下水の処理の仕組みを聞いた後、水の汚れを調べる実験をしたり、汚水をきれいにする微生物を顕微鏡でのぞいたりして、ノートに書き込んでいました。処理された水や発生したガスは、融雪や発電にも使われていて、子どもたちは資源を再利用するSDGsについても学んでいました。