出来は上々 アールスメロンの初出荷

7月02日 14時27分

JA金沢市では打木地区と下安原地区で、9軒の農家がアールスメロンを栽培しています。砂丘地集出荷場には2日、収穫されたアールスメロン約600玉が運び込まれました。今年は4月の低温の影響で生育が少し遅れましたが、その後は天候に恵まれ出来は上々だということです。出荷されたメロンは3日の昼ごろ石川県内のスーパーなどに並びます。JA金沢市では8月中旬までに約1万8000玉の出荷を見込んでいます。