片町のひき逃げ 19歳少年を再逮捕 事件前に飲酒

1月16日 18時11分

去年12月、金沢市片町で女性をひき逃げして死亡させた疑いで逮捕された19歳の少年が、この事件の直前に近くで起きた別のひき逃げの疑いなどで再逮捕されました。過失運転致傷と道路交通法違反の酒気帯び・ひき逃げなどの疑いで再逮捕されたのは、金沢市の解体作業員の19歳少年です。少年は、去年12月26日の朝、金沢市片町1丁目の香林坊交差点で酒気を帯びた状態で車を運転し横断歩道を歩いていた70代の男性をはねてけがをさせたうえその場から逃げた疑いが持たれています。男性は腰の骨を折る大けがをしました。警察は少年の事件前の行動や関係者への事情聴取などから酒を飲んでいたことを特定しました。調べに対し「酒が抜けていた。事故を起こして逃げたことについては間違いない」と供述し容疑を一部否認しているということです。少年は約100メートル離れた片町1丁目交差点で、当時78歳の女性をはね死亡させたうえその場から逃げた疑いで逮捕されていました。また、17歳だった2019年1月に野々市市本町2丁目で起きた事故についても無免許過失運転致傷の疑いで再逮捕されました。この事件については「運転していない事故も起こしていない」と容疑を否認しています。